CopyContentDetectorは無料ツールとしては、最高峰ともいえる機能性を兼ね備えています。評判も高いのですが、どのようなツール、性能を持っているかをレビューしているサイトがほとんどなかったのでレビューしていきます。

 

ws000151

CopyContentDetectorの機能性・内容

コピーコンテンツディテクターでは、テキストボックスにコピペ調査したい記事を入れて登録するボタンを押すと調査をし始めます。そして、調査が100%完了になれば、更新を押すことで、類似率、一致率、そして、このツールの中で今まで調査してきたテキスト間の類似率を調査することが出来るのです。更に詳細を調べることも出来て、色分けでコピーの疑いや一致している部分を、近い内容の記事に対してそれぞれ見ることが出来ます。

 

コピペチェック機能の内容としては、申し分なくこれ一つで事が足ります。更にこのツールを利用するのに登録をすることなくて、回数制限がありません。なのにすべての機能を無料でこのツールを使う事が出来るのです。

 

ただ、テキストを調査し始めて少しばかり時間が掛かるのがデメリットと言えますが、たったそれだけのことです。有料のコピペチェックツールの「コピペリン」と比較すると少々機能の細かさや、調査スピードで劣る部分がありますが、年間6千円掛かることから、私はコピーコンテンツディテクターの方を活用するようにしています。

 

まとめ

CopyContentDetectorはBランクです

 

CopyContentDetectorの機能性の高さは、コピペチェックツールとしては、一番ではありませんが、コピペをチェックするには十分な機能性を兼ね備えています。更に無料となれば、かなり高評価に当たるかと思いました。

 

コピペリンとはどっちがいいか順位をつけがたいですが、よりスピードと機能性を求めるなら、月額500円のコピペリンでもいいかと思います。有料のコピペチェックツールではコピペリンで無料のコピペチェックツールはCopyContentDetectorがベストかと思いますね。

 

ツールページはこちら