アフィリキング4はネット上の情報も少なく評判を確かめようにも難しかったのですが、私はアフィリキング4のマルコフリライト機能の惹かれて購入しました。

 

アフィリキングでは、上記のマルコフリライト機能以外にも、沢山の機能を兼ね備えたアフィリエイト効率化ツールと言えるものです。このようなツールとしては楽の手などがあげられますが、アフィリキング4はどのような機能を持っているのかを解説していきます。
ws000182

販売者:瀬髙昌弘(株式会社オークフリー )

販売URL:http://www.internal.co.jp/products/marketing/affiliking/about/

アフィリキング4の機能性・内容

購入するとシリアルナンバーをもらい起動をさせることが出来ます。起動するといろんなメニューを選ぶことができるエディタ機能が画面がらスタートしますね。私が購入したのはアフィリキングのプロ版です。

ws000283

アイコンはライオンではないんですね。

ws000309

アフィリキング4では、ブログアフィリエイトでサイト量産している人にとって便利な機能を持っています。メールアカウントを自動で取得したり、元記事があればマルコフリライトと言って、自動でリライトしてくれます。また、自動投稿だったり、関連キーワード取得したり、PING送信を行ったりなどが出来ますね。

 

また、アフィリキング4のアップグレードバージョンアップ(プロ版)では、ソーシャルブックマークの登録や検索順位の管理機能なども兼ね備えています。

 

沢山のツール機能を持っている印象ですが、サイトを量産する人にとって効率化を図れる機能を多く持っています。楽の手と機能として被る部分が多いですね。

 

このツールがおすすめ出来ない理由

機能性としては高くて、サイト量産するなら機能として良いのかもしれませんが、自動でアカウント作成してくれる無料ブログ数が6個しかなかったり、自動投稿ブログ登録数なども少ないので、IP分散ドメイン分散があまり出来ないので、結局手作業でいろんなブログに登録する必要が出てきます。

 

なので、一致率は高めの文章になってしまうのですが、アフィリキング4で活用できる機能がマルコフリライト機能だけかなって思うんですね。楽の手でしたら、無料ブログの自動登録数が30個あったりと、サイト量産にはきちんと向いていますね。

 

ただ、マルコフリライト機能はGoogleでもきちんとインデックされて使える機能でしたが、このマルコフリライト機能だけにアフィリキング4を購入するなら、PSW2の方が圧倒的に精度が高い文章が生成されますので、安全性も高まりますし、被リンク対策の為の機能がPSW2の方が優れています。

 

また、順位検索機能はプロ版で付いてきます。1万円を上乗せして購入するのは有名ツールと比較すると、買い切りなので、かなり得になります。しかし、今の市場では、キーワード選定ツールのコンパス(conpas)でより安い価格て、より高機能のキーワード選定機能がついていて、更に順位検索機能が付いていますので、アフィリキング4を購入するのは今の市場ではあまりおすすめできませんね。

 

まとめ

アフィリキング4はCランクです

 

マルコフリライト機能は文章自動作成ツールとは、また違った原理でのリライト方法になりますので、リライト文章のリスク分散としては、購入を考えてもいいのかもしれません。ただ、個人的にはアフィリエイトで使うことは今後無いかと思います。