コピペチェックツールは、自分のサイトがコピーされていないかどうかを確かめたり、外注で提出してきた記事を調査するためには必ず必要になってきます。コピペチェックツールはアフィリエイターにとって、タイミングはバラバラですが、必ず必要となるツールです。

 

今回紹介するのは無料のコピペチェックツールの「こぴらん」について解説していきます。

 

ws000149

ツールurl:http://copyrun.net/

こぴらんの機能性・内容

こぴらんは、画面上にチェックしたいテキストを貼り付けてでチェックボタンで簡単に調査することが出来ます。検索するのに、少ない文字数のほど時間が短く調査出来ます。

 

こぴらんでは貼り付けた文章を一定の文字数で区切りそのテキストがネット上のサイトに同じ文字がないかどうかを調査していくれます。文章を区切る材料としては、ビックリマークや句点などがあげられますね。

 

また、文章が短くて、24文字以下の文章は自動に調査内容から外れて調査自体してくれません。そこで類似があるかどうかを調査してくれるんですね。

 

このコピペチェックツールがおすすめ出来ない理由

このコピペチェックツールは正直な話、最悪なツールと言って過言ではありません。確かに無料で実行できる解析ツールですが、実際にこのツールで解析できる内容が、ほとんど完全一致かそうでないかです。

 

私自身、ランサーズやクラウドワークスで外注をお願いしたりもしていて、最初の頃、無料でコピペチェック出来るこぴらんを活用していました。そこでは類似数が「無」表示でしたのですが、後に類似率や一致率をきちんと確かめることが出来るツールで確認したところ、一致率60%以上のものがざらにありましたね。中には語尾を変えたものというものも、こぴらんでは通過してしまっていました。

 

私自身目視できちんと確認していないことも、悪かったのですが、このこぴらんのチェックツールを鵜呑みにしてしまったことも損害の原因です。

 

まとめ

こぴらんはDランクツールです

 

また類似ツールとして、剽窃チェッカーと言うものがありますが、このツールも同様に同じような機能しかもっていませんでした。

URL: http://plagiarism.strud.net/

 

コピペチェックツールは無料でも本当にいいものもありますが、こぴらんはコピペチェックツールの落とし穴ツールとも言えます。