リライトツールKYOJINは文章をツールに張り付けることでオートでも手動でもマウス一つでリライト出来るリライトツールです。

 

リライトツールと言えば、MSRがありますが実際にはどっちの方が使い勝手がいいのか。アフィリエイターの中では、どのような評判なのかをレビューしていきます。

 

kyojin

販売者:片桐 健

販売URL:http://clearism.jp/infotop/kyojin/index.html

リライトツールKYOJIN(キョジン)の内容

KYOJINの活用方法は動画でも解説されているのでご覧ください。

 

見て頂けたらわかったかと思いますが、ツールに文章を入れることで、オートで自動でキーワードをそれぞれ置換してくれるのです。また手動でもリライトすることが出来ますので、便利な機能を持っています。

 

進撃の巨人のアニメを題材にして作成された販売ページと名前になりますね。パンダアップデート等Googleのアルゴリズムには確かに対策を取ることが出来るリライト方法にはなっています。

 

リライトツールといえば、確かな評価と支持を受けているMSR(メインサイトリライター)がありますが、MSRにはない機能としてオートリライト機能なども兼ね備えているようです。しかし、このキョジンはおすすめ出来ない理由がいくつかありますので、紹介していきます。

 

このリライトツールがおすすめ出来ない理由

まず一つとして、クリアイズム有限会社の制作ツールだと言うことがあげられます。この会社では、本当にハイピッチでツールを発売しており、低品質なツールを言われるものもいくつか市場に輩出している過去があります。実際に、クリアイズム有限会社の事を詐欺呼ばわりしているアフィリエイターもいるくらいです。

 

また、この販売会社はツールの販売数が本当に多いので、ツールに対しての、メンテナンスやアップデート、不具合などの対応にも必ず遅くなりますし、実質アップデートはほとんどしてません。

 

ツールと言う製品上、こちらのパソコンの何かの環境の変化などでも不具合なども起こしやすいです。そんな時には不具合に対応していくれる販売会社の信用性が大きな指標になるのです。私自身、クリアイズム有限会社様にはメールでやり取りなどしたこともあり、きちんとメールで対応はしてくれるのですが、返事が遅かったり解決するまでに時間が掛かってしまうのが事実です。

 

その点、リライトツールを専門に販売しているMSRの制作会社はツールに関しても、リライトツールのみの開発で、アップデートもかなりの頻度で行い、不具合になってもスカイプで、解決するまで対応してくれます。ツールを選ぶ場合、アフィリエイト教材とは違って、より制作者の対応を調査しないといけないんですね。

 

また、キョジンのオートリライト機能は、はっきり言ってほぼ使えません。本当に運が良くて意味が通る文章になる可能性もありますが、ほとんどは手作業(マウス作業)で実践しなければ、正しい文章にならないと考えてもらって間違いないです。

 

そして、リライトする変換キーワードはキョジンでは、助詞や助動詞に対しては置換出来るキーワードが多いのですが、名詞などの変換にはめっぽう弱いです。ほとんど候補としてでないものがあります。MSRでは常にリライト出来るキーワ―ド数が桁違いに多くて、常にリライトキーワードの追加アップデートも行われているので、本当にマウス一つのリライトが一つの文章に対して可能なのです。

 

それらの点を踏まえて、MSRという優良ツールの劣化した模造品に過ぎないとも言えます。ただMSRが市場に発売されていなかったらKYOJINはそこまでは悪いツールとは言えないです。

まとめ

KYOJINはCランクツールです

 

そこまで使えないツールとは言えませんが、今の市場ではもっと有効活用出来るリライトツールがある分と販売者のツールに対する接し方を見ると、キョジンの評価はあまりいいものとは言えませんね。