CopyDetectは、コピペチェックする時に、かなり有効活用が出来るツールになります。コピペチェックで検索するといつも上位に表示していたのですぐに見つけることが出来ていました。

 

無料で使うことが出来るのですが、制限があって一日5回までしか調べることが出来ないんですね。しかし、機能性としては高かったの、少しの記事数だけの調査には活用していました。

 

ではどのようなコピペチェックなのかをレビューしていきます。

 

ws000150

 

CopyDetectの機能性・内容

テキストボックスに自分が調査したい文章をコピペすることで、調査することが出来ます。利用規約チェックと画像キャプチャの文字入力をしないといけないのが、いちいち面倒ですね。

 

それから、コピーをチェックすることが出来るようになります。時間はまあまあ掛かります。また文字数に制限があって、2000文字以上のテキストは調査することが出来ないので、それ以上なら2回に分けないといけません。

 

調査できる内容は、全インターネット上に挙げられている記事にどのくらい類似しているかをパーセンテージで表示してくれます。また引用の疑いや、部分一致など、文章の詳細を色で分けて表してくれています。コピペチェックする際にはほとんど困ることがありませんね。

まとめ

CopyDetectはCランクです

 

コピペチェック機能としては申し分ないのですが、無料で活用できる回数一日5回なのです。それ以上は料金が掛かるのですが、申し込みプランにもよりますが、100個の記事を調べる毎に、3200円程掛かるのです。これはチェック数にもよるかと思いますが、高額になってしまいますね。コピペリンの場合、年間6千円で使いたい放題なので、機能性も十分なため、費用対策面も含めコピペリンをおすすめします。

 

料金と機能性を総合的に評価して、ランクはCランクにしました。

 

ツールはこちら