MSS(佐川陽介)は、ASPアドモールで販売されている商材になります。実は、お問い合わせで「MSS(佐川陽介)はどうでしょうか?」といった内容を一番貰っていました。その都度、返答していたのですが、私はこの商材は購入しない方がいいと判断しています。理由を言っていきますね。

 

「詐欺だったよ、悪質すぎる。」と実際にコメント欄だったり、メールだったりと私に連絡がきますし、実際にアドモールを詳しく書いている記事に下記のコメントを頂いていました。

 

今回のMSSは、駄作間違いなしの内容がまったくない商材でした。
だれでも知ってそうな事をあたりさわりのない事がかいてあるだけです。
佐川陽介 MSSで検索をかけると、出る出る同じ文面の絶賛ブログばかり。
これですね竜児さんが言われているのは、あきれました。
ここまで内容が低次元とは思いもしませんでした、価格が高すぎます。
竜児さんが、実体験レビューをもし考えられているのでしたら、いらないと思うぐらい、くだらない内容と思います。買ってはだめな商材となりました。

MSS購入しましたが、はじめから最後まで内容が??ありませんでした。どこがライセンス???最近買って一番ためにならない商材でした。価格が高いし低レベル過ぎてあきれました。

 

ただ、上記のコメントを頂いては居ましたが、それだけでは、悪い商材とは決める事は出来ませんし、優良な商材にも批判は有るからです(ここまでは流石に見たことが有りませんが・・・汗)。

 

では、どうして私自身この商材に対して、購入するべきではなく詐欺性があると言えるのかと言えば、販売元、制作者、商材のレター内容にあるからです。

 

そのため、私は悪質な可能性が高い商材・教材だと判断をしています。そして、信用性が0の教材だと言えるでしょう。というのも、衝撃的なしっかりとした理由があるからです!

 

理由は、アドモールとグルになって同じ人が違う制作者の名前を使い、質の低いノウハウを焼き増しをするかのように次々と新しい商材を販売しているからです

 

MSS(佐川陽介)は購入しない方がいい理由

私は、今までアドモールにて20万円以上は使い購入をしてきました。

WS001153

 

ASPアドモールには「アドモール公認コンテンツ」と言ったASPアドモールの独自制度(特商法表記の代行)を使い、匿名での商材販売を可能としております。その制度を利用して、同じ人が教材の制作者の名前を変えて次々と悪質・粗悪な内容である商材を販売している可能性がかなり高い、と推測出来ます(アドモール側とグル)。

 

もちろんですが、アドモールはASPとして販売者と購入者を仲介する役目を果たしておらず、あからさまに販売者側に付いているので要注意です。善良なASP(infotop等)ならこういった危険性が高い商材を販売し続けませんし、批判を受けるような「特定商取引の代行制度(アドモール公認コンテンツ)」は絶対に行いません。

 

アドモール(Admall)についての詳しい情報はこちらにて記載をしています。多くのユーザーがアドモールについての情報だったり、アドモールを取り巻くステマレビューについて詳しくコメント欄で情報を提供してくれていますね。

 

インフォトップやインフォカートで販売している人は当たり前ですが、実名をしっかりと公開しています。では、これ自体が詐欺かと言えば、詐欺と判断する人もいれば、商材の中身が良ければいいって人もいるかと思います。

 

こういった事自体が詐欺だし、おかしいと思うのでしたら、購入は辞めておくべきですし、もっと詳しい根拠や商材の中身が気になるのでしたら、もう少し読み進めて頂ければと思います。

 

では、肝心の「MSS(佐川陽介)」の中身ですが、私が購入してきた商材が10個以上になるのですが、「MSS(佐川陽介)」(アドモールの公認コンテンツ)は私が質が低い物として判断した商材と制作者が同じ、類似していると判断出来るからです。

 

「MSS(佐川陽介)」の販売ページが

他のアドモール商材の販売レター形式と同じなことが一目で分かります。

 

そして極めつけに、特定商取引を隠すように代行システム(ASPアドモールの独自制度)を使っていますね

 

「販売レター・ページだけ決まった代行業者が?ただ似てる?だけでは?」と思うかもしれません。確かに、最初の方の私はそういったアドモールでの商材を「販売ページを代行業者が作業しているだけで、制作者の名前も違うし中身は違うだろう」と思っていたのですが、結局肝心の中身をみたらビックリ!!!!!!!!!!

 

PDFのコンテンツの多くが同じ内容じゃん・・・

取り扱いについて、参考サイトの紹介、画像の使い方が同じでした。

 

WordPressテンプレートの作りが同じじゃん・・・

編集する操作画面が同じ。機能性が同じ。ツールの設置方法も同じでした。

 

・・・と、どう考えても同じ制作者が関わっている、むしろ同じ人による制作と分かりました。

 

肝心の稼ぐノウハウにしても、どうにかGoogleの裏をかいた様な方法だったり、机上論で表面的なやり方ばかりで、本物にはどう見ても思えない物ばかりでした。ノウハウを販売するには半年、1年と掛かるのは普通ですが、アドモールではポンポンポンポン月1つ位で新しい商材は販売されるのです。

 

それからも、アドモールの商材の中身を見てきましたが、「販売レター形式が同じ」で「アドモール公認コンテンツ」の時点で、ほぼほぼ同じような中身でしたし、私もいい加減、「ASPアドモールの販売の時点で質が低い商材の可能性が大」と断定をするようになりました。

 

MSS(佐川陽介)の稼ぐ方法

MSS(佐川陽介)の中身を知らなくても、これだけでも購入しない人が多いかとは思いますが、中身にも触れていきたいと思います。

 

まず、特定商取引に関しては、アドモール公認コンテンツ商品になります。

特定商取引に基づく表記

販売社名:株式会社アドシステム

運営責任者:久米 妥

所在地:千葉県八千代市米本1359番地

 

この時点で今までと同様で制作者が同じだろうなと推測は出来ます。既にここまで読んでいるのでしたら、信用性から考えても購入するには至らないかと思います。ただ、中身も解説していきます。

 

このMSSには規約が有って、下記の記載があるため、公言できないようにしているようです。

実際にMSSを受け取る時には、必ずこの守秘義務という点は守って頂くと同時に、パッケージは、完全ライセンス制となっていますのでそちらの利用規約を厳守の上で取り組んで頂く形になります。

 

こういった方法提示方法は、詐欺的な商材にはよくあるのですが、批判内容を広めたくないんですね。最近のアドモール商材は近年特にひどいのが目立っていますね。

 

稼ぐ手順としては、

  1. インターネットにてMSSで得れる技術やノウハウを求めている人を探す
  2. MSSを使って注文となるコンテンツを作成する
  3. 報酬を得る

と解説されていますが、最初からネタバレをしてしまうとホームページ作成を受注している人に対してMSS(ツール)を使って作成して納品するんですね。

 

本気で酷いと思いますね。これに96,000円(永久ライセンス)、67,800円(1年ライセンス)の価値は付けれないのが私の意見です。

 

セールスレターの時点で、これは明らかにしたうえで必ず販売するべきだとしか思えません。こういった稼ぐ方法をまるっきり隠してしまうのは、善良なASP(インフォトップ、インフォカート等)では許してくれませんし、こんな事が許されるのはアドモールや無料オファーだけですね。ビジネスモデルは明らかにするべきです。

 

つまり、ほとんど価値がツールにあるって事ですが、そのツールの機能をセールスページで一切紹介していない事からも、機能性も低く価値が低い事も分かります。しっかりとしているツールなら、そのツールの機能性を紹介する事で販売が可能になりますしね。

 

ここまでやってしまうと、アドモールはもう批判上等で開き直っているとしか思えません。今、もしどんな良い物がアドモールから発売されでも一切信用できなくなってしまいました。

 

アドモールでのツールのクオリティは低いものばかりでしたし、サイト代行のノウハウでここまでの価格帯はコメント欄やメールで頂いたように詐欺・悪質だと言わざるを得ないですね。

 

まとめ

MSS(佐川陽介)は私は購入すべきで無いと判断します

 

後悔を無くす為にも、販売ページを見ても、その商品がどこで販売されているのかが分からないかもしれませんので、必ず特定商取引に関する事項を見るようにしましょう。そうする事で、どんな人が販売している事が分かりますので、未然に詐欺的な要素を排除できる可能性は高くなります。

 

私はアドモールの商材を購入してまでレビューをする事は無くなりましたが、アドモール商材が一概に稼げない・悪い内容と言えないのは事実です。しかし、裏技チックなノウハウはすぐに使えなくなりますが、中には、机上論的な物でも実際に知識としては正しい物は有りますので、それで稼げるようになる人もいるのです。YouTube系の教材なんかは中々貴重な内容もあったのも事実です。(アドモールのツール系を使って稼ぐ商材は、ほぼほぼ使えないゴミツールばかりでしたが・・・。)

 

ただ、最近はアドモールの販売スタイルがクレーム上等と開き直っているようにしか思えない販売方法に移り変わってきているなって感じます。

 

こういった、MSS(佐川陽介)もアフィリエイトすれば、私自身大きく稼ぐ事が出来ますが、ユーザー・消費者には公平に情報を知るべきだと思い、こういったマイナスとなる情報を公開させて頂いております。消費者の有益が優先されるべきだと思います。