WS001247

 

アドモール経由で販売されているACBコートコンテンツビルダー神龍(シェンロン)ですが、これがかなり注目を浴びていて、当サイトにもお問い合わせが多く来ていました。

 

実際に神龍のレビューを調べてみると、アドモールの商材なので、決まっての絶賛レビューだらけです。気持ちが悪いくらいの絶賛レビューです。アドモールの商材の中には、役立つノウハウやテクニックはあるのですが、結構販売ページで紹介されている内容、サクラ・ステマブログの内容とはかけ離れているケースが多くあります。

 

この神龍にしても購入しないと分からない部分が多くあったので実際に購入してツールを稼働させてみました。そしてマニュアルをみて「実践する必要性も感じられませんでした」。その理由について記載レビューをしたので共有したいと思います。

 

神龍(シェンロン)ACBコートコンテンツビルダーの概要

この商材は、ツール、テンプレートそして、教材がセットに付いてきます。

 

教材本編になります。

WS001250

WS001249

 

テンプレートとツールもセットとなります。

WS001248

 

そして、ノウハウとしては、アンテナサイトと言って、他のサイトのリンク集を作成して収益を得る方法になります。よく、2chまとめサイトの中間サイトとして見られますね。下記のようにまとめサイトのリンクの中間役をするサイトですね。

 

【まとめサイト⇔「アンテナサイト」⇔まとめサイト】

 

このようにアンテナサイトを作成することで、ユーザーにとっては、色々なサイトの中から、興味のある記事を探し出すことが出来ますので、需要として成り立つサイトになります。

 

まあ、他人のサイトを利用して稼ごうってわけです。その際、RSS(更新情報)を利用してサイトを作成する為、一度サイトを構築すれば、自動で自分のサイトが更新されるように出来ます。

 

つまり、販売ページにあるように一度サイトを構築すれば、自動でサイトのコンテンツがどんどん追加されていくのです。ただ、この神龍(シェンロン)ACBコートコンテンツビルダーで稼げるのかどうかと言えば、話は別になります。このRSSを活用したアンテナサイトは私自身も作成したことがありますが、大きな問題があるのです。それをお話ししますね。

 

この神龍(シェンロン)ACBコートコンテンツビルダーを購入した人で稼げなかった人は特に理解しやすい、納得できる内容かと思います。

 

アンテナサイトではアクセスが集まらない

アンテナサイトを複数構築することが出来るノウハウ・ツールですが、生成するサイト自体全て他人の記事のリンクの為、Googleのアルゴリズムから評価を受けにくく、検索エンジン上からのアクセスはほとんど期待することが出来ないのです。実際に私自身複数作成したのですが、検索からの流入は0でしたよ。

 

また、その中間地点のみでアクセスになりますので、アクセスの滞在が少ない為、収益にもなりにくいのです。つまり、かなり多くのアクセス数が無ければまともな収益にならないのです。

 

検索エンジンからもアクセスを集めることが出来ないので、アクセス数が相当数なければいけないので、どれだけ検索エンジン以外で集客をしなければいけないのかに掛かっているのです。

 

これは、かなり敷居が高く大変な行為になります。このノウハウでは、検索エンジンに頼らない集客方法として、「ランキングサイト」「SNS 自動設定編」「ツイッターの活用」「Facebook」そして、「相手からアクセスを貰う為の相互リンクと相互 RSS 」等を上げていて、それぞれの方法を簡単に書いています。

 

しかし、具体的にどのようにFacebookにしろ、ツイッターにしろ全然具体性があるノウハウでもありませんし、手動で行っていては、手間・作業量が半端になりません。

 

更に相互RSSにしても、経験上ある程度アクセスが集まっているまとめサイトに登録の申請をしても、ほとんど相手にしてもらえません。理由としては簡単で、アクセス数が無いアンテナサイトに相互登録したら、まとめサイト運営側にとってはただアクセスが持っていかれるだけですからね。

 

そのため、一つのアンテナサイトにて、相互RSS出来るサイトと言えば、アクセス数が少なく、お互いにメリットがあるサイトのみになります。つまり、営業拡大(アクセス数アップ)を広げていく為には、地道な作業が必要なのです。

 

しかも、この作業を行っていき、大きく拡大することが出来たとしても、まともな収益にはなりません。とてもじゃないけど、販売ページで紹介されているような、1日にアクセス数が2万以上のサイトを量産することなどできません。

 

販売ページには、下記と記載があります。

周りからは馬鹿にされ お金をむしり続けられ、悔しい思いをしてきました。しかし、私には私ができる方法を見つけ出し、そして苦手な事を避けて報酬を落とす事で 最小の労力で少ないお金を稼ぎだし、それを量産するという目標を掲げて、体系化する事ができました。

この手法はどう考えても、稼ぐ為の方法ではなく、この手法・ツールを売ることで稼ぐ事を目的としている(対象:アフィリエイト初心者)としか考えられません。

 

唯一、アンテナサイトにアクセス数を集める方法として、Twitterを媒体にすることは相性的にもいいのですが、大量のフォロワー数が必要になります。そのため、Twitterのフォロワーを自動で集めて、サイトへ誘導する方法でしたら、検索エンジンで集客出来なくても収益となりえます。

 

その方法を体現化している商材が市場には既にあり、フィードマティックと言います。フィードマティックはTwitterツールとRSS連動サイト(アンテナサイト)の連携を手法としており、神龍よりアフィリエイト初心者なら収益化しやすい方法になります。

 

それに、フィードマティックの方が信頼性としては、高いです。多くの人が実証している方法ですし、販売会社の人も顔出しをしっかりと行っています。しかし、アドモール経由の販売者(特に公認コンテンツ)はほとんど顔出しや活動(セミナー等)行っていない為、本当に実在する人かどうかも分からない部分があるんですよね。

 

アフィリエイト初心者にとっては、自動で集客を行ってくれるTwitterツールとノウハウがセットで付いてくるフィードマティックの方がアクセス数を集めるアンテナサイトの構築には実現的な方法になりますね。

 

ただ、フィードマティックも神龍(シェンロン)同様に将来性を考えたら、資産としては残るものが少ないですし、しっかりとした正攻法でサイトを構築した方が、ビジネスの応用にも幅が利きますね。

 

神龍は、上記の行為を地道に行なっていく必要がありますし、労力をいくらかけてもすずめの涙ほどの収益しか入らないのです。そのため、フィードマティックではツイッター上でフォロワーという資産からアクセスをツールにて自動で増やしていくことができるので、実際に収益が出るまでの労力が比較してもかなり少ないです。

 

ネット上では、アドモール推しサイトが神龍を優れたものと無理なレビューをしていますが、実際に両方を購入した中立の立場としては、フィードマティックの方が実現性が高いです。

 

 

まとめ

神龍(シェンロン)ACBコートコンテンツビルダーはCランク商材になります

 

この商材を購入するなら、既に自分の媒体となる2chまとめである程度成功を収めている人にとってはメリットがある程度あります。アフィリエイト初心者がこの教材を実践しても、良くて1000円いけばいい方だと言えます。

 

それならこれと同じ労力でしっかりと稼ぐ方法を学ぶ出来だと言えます。自分の知識・能力にもならない方法で頑張って少額を稼げても将来性が皆無です。ただ、それでも自動でとりあえず少しでも稼ぎたいのでしたら、Twitterでの集客方法はよりアクセス数が集めやすいのでフィードマティックの方が収益としては高くなりますので、神龍よりはサポート面でもおすすめは出来ます。