ネットビジネス大百科は和佐さんと専門家の木坂さんがコラボして作り出された商材です。

 

発売された当時の2007年ではこの膨大なコンテンツ量と価格は教材の評判も高いことから市場をかなり沸かせましたが、今この教材をおすすめかと言うと難しいところもあるので内容とを含めてレビューしていきます。

WS000087

販売者:和佐大輔 さん

URL:http://www.insiderscoachingclub.com/encyclopedia/index.html

内容

購入すると販売ページへの案内が送られてきます。

 

WS000076

 

そして、販売ページにて、音声ファイルをダウンロードすることが出来ますね。

 

WS000077

※ただいま一括ダウンロードが出来なくなっています。

 

この教材では販売者側の勉強ができる商材です。

 

セミナーでの音声で説明があるので、販売者の生の声を聞いて勉強することができます。この教材で言っているマーケティングを手法を学ぶことが出来れば、販売することはもちろんですが、アフィリエイトを学ぶ手法として大きな成果を上げることもできる可能性がある教材です。

おすすめ出来ない理由

メインのコンテンツは、セミナーでの内容です。



「セールスレターの書き方」を木坂さんが解説し、「商品の開発・マーケティング」を和佐さんが担当されています。木坂さんの部分は良かったのですが、和佐さんの部分が納得できなかったです。せっかくセミナーを行っているのに、動画ではなく音声での案内となっているところが残念ですね。


発売当時はそれだけでも十分の価値があったと思いますが、もっと良い商材がたくさん出回っている今では、価値が少なくなっているように感じます。そもそも音声形式のノウハウは昔に発売された教材ではかなりあったのですが、今では、音声形式だけですと、力不足な部分もあり、市場のアフィリエイト教材のの質も高まっている(相変わらずの物もありますが)ので音声形式だけですとアフィリエイト初心者だけでなく、中級者でも理解しにくい部分が多くなてしまうのです。

 

また具体的にはどのように活用していくのかの提示も少ないことから、自分が活用するならどのように利用するかをきちんと考えることが出来なければこの教材では聞き終わった後、「じゃあ、結局今から何すればいいのかな」ってなってしまうので、高度な内容だなって印象です。


 

場所によっては、手順のマニュアルがなく、雑なイメージです。初心者だった場合、この商材だけで進めていくことは難しいのではないでしょうか。

まとめ

ネットビジネス大百科はCランクです

 

発売当時は周りの商材に比べ、価値のあるものとして扱われていた「ネットビジネス大百科」ですが、今の時代で考えてしまうと、「手抜き」「不親切」「分かりにくい」というような要素が含まれてしまっているため、おすすめできません。

 

ネットビジネス大百科は販売者のための教材です。本来の「販売者として情報を売る」という目的を考えると、差をきちんと理解して使い分け相手の立場に考える事が出来ないと活用は難しいですね。

 

最後に、アフィリエイターの中で評判が高く絶賛している人がおおいのですが、実はこの教材をアフィリエイトすると販売価格のほとんどが入るようになっているのです。つまり、この教材の中身をきちんと理解して、どうしておすすめ出来るかもわからず進めているアフィリエイターが多いのです。

 

実際問題、現在のアフィリエイト商材市場ではそこまで褒められた内容ではないので、アフィリエイトの高料率が先走っておすすめしている人が多いなって印象です。

 

以上の事からこの評価を付けました。