ビクトリーキャッシュは販売店であるインフォトップでもランキング入りしていて、有名なアフィリエイターなどもおすすめしていることから、評判も高い商材です。

 

今現在は販売してから、かなり時間もたっていることからいつ販売停止してもおかしくはないとかと思いますが、いまだにこのノウハウで大きく稼げていると記載している記事もあるので、今では継続して稼ぐ事が出来ない理由とおすすめ出来ない理由などレビューしていきます。

afirieitosyouzaibikutori

販売者:佐々木亮二

販売URL:http://web-income.biz/af/top2/

ビクトリーキャッシュの内容

 

ビクトリーキャッシュをダウンロードすると以下のような内容です。

WS000084

 

このノウハウでは、トレンドアフィリエイトを手法とするノウハウになっています。記事のコンテンツ作成方法がリライトが主になり、無料ブログを大量に作成していく作業をしていくことになります。他の記事で紹介している疾風アフィリエイトやNEOノンバトルアフィリエイトと同じ量産ブログアフィリエイトなんですね。

 

無料ブログを量産していくなかで、アクセスがなくなるとすぐにそのブログは捨てて、次の新ブログを作成し始めるノウハウになるのです。この辺は疾風アフィリエイトと特に似ている部分があります。

 

そして、アクセス数を集めて広告収入を得る方法と、物販アフィリエイトで稼ぐ方法を組み合わせたノウハウになっています。この手法としては下克上∞に似ているところがあるんですが、下克上∞とは違いビクトリーキャッシュのノウハウではブログ量産手法になるのですが、そこにビクトリーキャッシュの大きな欠点があるのです。

 

その欠点とはGoogleの動向などに影響しているのですが、どうして今現在では稼ぐ事が出来ないノウハウなのかを含めて解説していきます。

このアフィリエイト情報商材・教材をおすすめ出来ない理由

 

ビクトリーキャッシュでは芸能ニュースなど旬のニュースを扱う更新型ブログと発売する前の物販の記事を作成していく特化型ブログを作成していきます。確かにこのノウハウでは数さえ作成していけば、少額ではありますが、アフィリエイト初心者でも収益は発生しやすいのです。

 

しかし、Googleのアルゴリズムの変化から、ペンギンアップデートやパンダアップデートなどからもわかる通り、コンテンツの薄い記事ですと、いくら量産したところで、すぐに順位を下げられてしまい、作成してきた記事が使い捨てですぐに稼ぐ事が出来なくなってしまいます。

 

昔では、このノウハウでも記事を作成していけば行くほど、アクセスもきて稼ぎやすいノウハウだったかもしれませんが、今では、ほんの少しの間、収益が入りすぐに収入がなくなってしまう手法になってしまったのです。なので、ビクトリーキャッシュが謳っている月収30万円はほぼ不可能だと思っていいです。

 

この辺のデメリットはノウハウが似ていることから、疾風アフィリエイトとよく似ているので、分かりやすいかと思います。例えば、あなたがビクトリーキャッシュで300ブログ作成したとしても、1ヶ月後には収益がゼロになるのです。上位表示をしたとしても質が低ければ今のグーグルはすぐに順位を下げますので、結局のところ、作業した時間が何も残らないただの無駄な時間となってしまうのです。

 

いま、ビクトリーキャッシュで稼げていると記事で書いている人は、ほとんどが実際に実践していっている発言ではなく、ただ他の記事で絶賛されていたからそれを真似しているだけだと思います。また昔は実際に稼ぐことが出来たノウハウなので、一昔の実践ブログなどの可能性もありますね。

まとめ

ビクトリーキャッシュはCランク教材です

 

稼げないとまではいいませんが、短期間でほんの少しのおこずかい程度にしか今はならないノウハウです。長期的に考えて資産となるブログを作成したい場合、下克上∞のトレンドブログの特化型ブログ作成を実践することで、物販アフィリエイトを絡めて長期的に大きく稼ぐ事が出来るようになります。

 

ただ、ビクトリーキャッシュでは、量産でブログを作成して行くのでキーワード選定能力は上がりますね。