情報発信バイブルは小玉歩さんと関わりのあるメルマガを取っている人は聞いたことがあるかとおもうのですが、結構アフィリエイトのブログでも話題になっている商材です。

 

この教材では情報発信ビジネスを学ぶことが出来ます。私自身のブランディングノウハウや有益な情報発信を深く知りたかったこともあり、情報発信バイブルを購入して勉強することにしました。

 

情報発信バイブルのノウハウに触れてレビューしていきたいと思います。

情報発信バイブルの内容

情報発信バイブルを購入すると購入者専用ページで教材をダウンロードすることが出来ます。

 

WS000136

 

また特典として、三浦さんと小玉さんがテーマごとにそれぞれ持論を語り合っている勉強になる音声対談が付いてきます。

WS000137

本編と特典はまとめてダウンロードしてしまえば、下記の二つにまとまります。

WS000138

 

 

このノウハウはメルマガアフィリエイトのノウハウ以外にもツイッターやYouTube、フェイスブックなど様々な媒体を通して情報を発信して稼げにつなげる方法が学べます。教材の中身をみると、自分のブランディング方法や、どうやって自分の濃いファンを作るのか、またビジネスのプロ意識の重要差など、一つの書物のような濃い内容になっています。

 

そして情報発信バイブルの内容を実践するには、ネットで顔出しを推奨しています。私自身顔出しは世界中の人に見られるのもあり、怖くて出していないのですが、顔出しして自分を売り出した方が、濃いファンを作り出すことが出来て、結果的に稼ぎ出すことが出来るようです。

 

つまり、ブランドこそがメルマガや情報発信の肝ともいえる内容です。この教材で面白かったのが、今ネットビジネスで稼いでいる人の有名ところのブランド分析などは面白くもあり勉強になりましたね。

 

与沢翼、小玉歩、だいぽん、七星、みんてぃあ等一人一人のブランドの特徴やどのようなアプローチで読者を引き付けているかを、三浦さん独自の視点で学ぶことが出来ます。

 

情報発信するものの思考と戦略を学ぶことが出来る教材ですね。なので、具体的なノウハウや稼ぐ方法などは学ぶことが出来ないです。間接的に大きく稼げる可能性のある教材だと言えます。

この情報商材・教材をおすすめ出来ない理由

情報としてまとまっていなくて、実際に自分がどのように行動すればいいのかがわかりにくいのが正直な感想です。3回ほどですが、教材を読み直してどうにか自分に使える部分を取り入れようとしましたが、困難でした。

 

情報発信バイブルは、ノウハウを落とし込んだ上で、自分で自立して演出していくことが出来ない人はほぼ実践不可能と言えます。この教材で稼げるようになったり、アクセスを集めることが出来るようになったりは一切しません。

 

また上記でも、言いましたがノウハウというより、三浦さんの思考を分かりやすく解説されていて、三浦物語を読んでいるようでした。ただこの思考の部分は重要になるのは確かなのですが、この情報発信バイブルが本当に必要な人は相当限られていると思います。

 

有益なネタ・情報や文章力や演出力などを兼ね備え、既に自分という媒体が稼ぐ可能性を多く秘めていて、情報発信さえ間違えなければ稼げる状態の人がこの教材を実践することで、再現性を高く持つことが出来るのかと思います。

 

長い目で見たら、後々役立つかもしれませんが、自分が本当にこの教材を手に入れるべきかをしっかりと考えなければ、ただの高額書物としての価値にしかなりませんね。

 

まとめ

情報発信バイブルはCランク教材です

 

上記で情報発信バイブルを書物といいましたが、書物のジャンルで言っても自己啓発系のものを読んでいる感じがしました。実際に、情報発信する場合の事だけでなく、ネットビジネスでのあり方や生き方などの勉強をすることが出来たのは確かです。ただ、この教材はCランクをつけましたが、限定されますがこの教材が本当に有益になる可能性がある人も上記で話した通り、いるのは事実です。

 

しかし、メルマガアフィリエイトやYouTubeアフィリエイト、ツイッターアフィリエイトなどのようにノウハウは、まとまっておらず情報商材として高額で発売するのはどうかと思う反面もありました。高額な情報商材ではなく、自己啓発書として販売されていたら優れもには違いないかと思います。