WS001134

 

Gyaku Tube(ギャクチューブ)を購入しました。YouTubeアフィリエイト教材は多く発売されているのですが、海外を焦点に当てたノウハウが記載されている初の教材になります。

 

YouTube市場は年々大きくなり、YouTube利用者の10億人中9万5千人は、外国人による利用になります。つまりその9万5千人に向けた動画配信をこの教材では手法として記載されているのです。

 

他のレビューを見てみると、サクラと言えるような絶賛レビューだらけ(アドモール特有)でしたが、実際にどのような内容なのか、ネタバレを含めたレビューをしていきます。

 

Gyaku Tube(ギャクチューブ)の概要

ダウンロードすると下記2つに分かれており、本編と事例集になります。

WS001131

 

この商材は、YouTube初心者からでも始めることが出来るように、Googleアドセンスの取得やYouTubeアカウントの作成などの解説を行っております。Googleアドセンス取得方法では、記事作成方法からの説明から行っています。

WS001132

 

本編一部。

 

ただ、これらに関しては説明は簡潔で何を言っているのかが「ちんぷんかんぷん」の人もいるかと思います。また、アドセンスのペナルティや著作権についても説明しているので、全くYouTubeアフィリエイトに携わっていなくても、理解は出来る内容です。

 

これを3万円を超えた価格と言うのは、詐欺とまでは言いませんが、少し酷い内容と言えることは間違いないです。

 

メリット

市場規模の拡大に目を向けることが出来きます。

 

実際に、このノウハウでは英語や多国語を使ったノウハウを提示しております。そのため、日本人だけをターゲットをするのではなく、世界中のYouTube閲覧者を相手に動画配信を行うことが出来ます。

 

日本語から英語にGoogleの翻訳ソフトを活用するので、英語力は必要なく日本語を使えたら海外ユーザー向けのGyaku Tube(ギャクチューブ)を実践はすることが可能になります。

 

国ごとのYouTubeの仕組みや海外に目を向ける際のアイデアがネタ選定からキーワード選定まで、複数紹介されております。そのため、Gyaku Tube(ギャクチューブ)は海外に向けて動画を配信する際に、どのような思考ややり方があるのかの一つのサンプル手順を学ぶことが出来るのです。

 

自分で海外動画をみてどのようにネタを集めて、動画にしていくのかの発想を出来る人にとっては、意味ない教材になるかとは思いますが、全く発想が浮かばない人にとっては、一つの指針になるかと思います。

 

実際に、日本語のみでの動画投稿で成果を出している人にとっては、市場範囲が広がりますので、この内容で記載している少しグレーな手法は効果的になります。

 

他にGyaku Tube(ギャクチューブ)では、チャンネル登録数を増やす方法や、再生回数を増やす方法を王道ではなく、少し裏技チックなやり方等の説明もしています。

 

デメリット

正直、他の記事にあるような絶賛レビューは酷いと言えます。この教材を元にYouTube初心者が取り組んだら、まず動画作成すること、アップロードすること等基本的なことで大きく躓くかと思います。

 

全てPDF形式で、動画での説明がありません。なので動画を編集している場面や実際に行っている行動などはわからず、動画形式の手法についても2,3通りしか紹介されていません。

 

サイトを紹介するだけで実際にどのように操作をするかなどは、なく自分で調べながら手探りで作業をしていかないといけません。手探り・検索をして作業をしていくことが得意な人は実践も可能かと思いますが、なかなか具体的な指標なければ難しい人も多くいるのは間違いないです。

 

教材本編は143ページほどありますが、最初の60ページほどまでは、本当に基礎的な内容です。

 

また、画像をベースにテロップ式で動画を作成していくノウハウがあります。ここに関しては5行くらいでの日本語を英語にて変換していく方法があるのですが、1フレーズで大丈夫でも長文になるほど翻訳もおかしくなります。

 

WS001133

 

「これ、おかしな翻訳だな」って日本語を見たことありませんか?意味は分かるのですが、日本語としては明らかに使わないって文章ですね。そのような変な英語に翻訳されるため、海外ユーザーには違和感を持たれるのです。

 

そのようなチャンネルに登録する人は何か大きな独自性があるものが無ければ登録されることはありません。そのため、ホワイトの手法として紹介しているこのノウハウは正直使えないと言えます。

 

おすすめ出来る人・出来ない人

Gyaku Tube(ギャクチューブ)は今までの紹介内容を全て考慮した上でおすすめ出来る人と出来ない人で分けますと、おすすめ出来る人は

  • 日本語圏対象でも既に成果が出ている人
  • 市場拡大を図りたい人

で、逆におすすめ出来ないのが、

  • 日本語圏対象で成果が出ていない人
  • YouTubeアフィリエイト初心者の人

になります。

 

他のサイトでは、国内でのYouTubeアフィリエイトで成果が出ていない人におすすめ出来ると言っている人がいますが、根本となるノウハウや思考は一緒ですし、国内向けで上手くいかない人が国外向けの方法を実践しても上手くいくはずがありません。

 

ただ、国内で成功している人は、市場拡大の為のアイテムとしては、役立つ面も少しあるかと思います。

 

まとめ

Gyaku Tube(ギャクチューブ)はCランク教材です

 

Gyaku Tube(ギャクチューブ)は、日本語だけではなく英語を駆使することでより可能性を広げることが出来る事を記載していますが、違った考え方が出来るノウハウではあります。ただ、価格帯と内容を比較すると、確実に高価格にあたります。

 

そのため、国内でのYouTubeノウハウをGoogleにて翻訳して、英語にして投稿する事を考えることが出来ればそこまで必要なノウハウとは言えないかと思います。