コピペチェックツールでは、チェックする記事が、ネット上に上がっている記事で類似しているものがあるのかどうか、チェックしてくれるツールになります。なので、もらった記事や自分の記事が誰かにコピーされていないかどうかを簡単に調べることが出来るんですね。

 

 

  1. コピペリン

    猫1

    コピペリンではネット上にある記事を一つ一つ調査して、その文章に近いのをピックアップして検査結果を表すことが出来ます。コピペリンの調査方法として、一文をそれぞれ個別に分解調査するのでどんなごまかしも効かないですね。チェックの判定のフィルタ設定なども出来きたりと、高機能のツールになります。

> 詳細はこちら


    1. CopyContentDetector

      猫2

      類似率、一致率、そして、このツールの中で今まで調査してきたテキスト間の類似率を調査することが出来るのです。色分けでコピーの疑いや一致している部分を、近い内容の記事に対してそれぞれ見ることが出来ますので、無料のコピペチェックツールの中では、機能がダントツです。

> 詳細はこちら


    1. CopyDetect

      猫3

      類似率をパーセンテージ示し、引用の疑いや、部分一致など、文章の詳細を色で分けて表してくれています。コピペチェックする際にはほとんど困ることがないのですが、一日5回以上調べることが出来ないのと、有料になると高額なのがあげられます。

> 詳細はこちら


 

 

コピペチェックツールの活用方法

 

コピーチェックツールはアフィリエイト活動をするにあたり、それぞれのタイミングがありますが、一つ持っておいた方が有効なツールです。用途として外注や自分のサイトチェックとして一つは持っておきたいツールかと思います。特に、外注作業に力を入れている人にとっては必須ともいえるツールですね。

 

 

外注にもらった記事は確実に、コピペチェックツールに掛けないと危険性があります。平気で他サイトからのコピー記事を貼り付けてくる人がいるので、外注している、する予定のある人はこのツールでチェックしていかなといけません。

 

 

また、自分のサイト記事で、コピーされたくない記事等をチェックを掛けてコピーされていた場合、すぐにGoogleに言ってコピーコンテンツとして削除依頼をしないといけないですね。相手側がコピーしたはずなのに、こっちがコピーコンテンツとしてみなされて、ペナルティを受ける場合もありますので、この対処は重要になります。