SEO対策・上位表示対策する為のツールになります。SEO対策と言っても、コンテンツ作成から、被リンク作成、サイト登録、IP分散と色んな機能がありますが、実際にグーグルのアルゴリズムを視点に考えると、実質使えるツールは限られています。

 

反って危険となるツールもありますので、販売ページの言葉そのままで考えるのではなく、Googleの規定にて安全かどうか、効果的なのかどうかを判断することが重要になってきます。

 

  1. PSW2

    PSW2

    PSW2では、上位表示する為のサイトコンテンツ作成を自動で作成してくれるツールになります。このツールにて被リンクが自動で増えることはありませんが、グーグルにインデックスしてもらえるオリジナル記事を作成することが出来ますので、被リンクの重要元となるコンテンツ作成を行ってくれるSEO対策となるツールになります。

> 詳細はこちら


  1. SEO君(せおくん)

    SEO君(せおくん)

    「せおくん」では、自動でIP分散された被リンクを1万件以上受け取ることができます。また、リンク速度なども調節することができ、アンカーテキストの分散・設定を行うことが出来ますので、グーグルのアルゴリズムの一部分を把握した機能があります。しかし、被リンク元の問題だったり、リスクの面が高いツールとも言えます。

> 詳細はこちら


    1. 検索エンジン自動登録ソフト☆GOD

      検索エンジン自動登録ソフト☆GOD

      このツールでは検索エンジンとなる中小検索エンジンに自動で登録してくる機能を持っています。画像認証や通常認証なども半自動での通過を可能としております。登録出来るサイト数も1万以上にのぼり、被リンク方法としても、登録タイトルを分散するので、アンカーテキストが全て同一と言う事態にならないのです。ただ、サイト登録する際に、しっかりとした識別をすることができませんので、リスクがあるのが実情ですね。

> 詳細はこちら


    1. リンクロ

      リンクロ

      リンクロでは、IP分散が無限にされている、被リンクを受けることが出来ます。更に、被リンク数が無制限で自動に自然と増築していく機能を持っています。更に、アンカーテキスト設定を行うことも出来るんですね。ただ、販売ページに記載してある実績紹介も含め怪しい点が満載なツールとなっております。

> 詳細はこちら


SEO対策・上位表示対策ツールの活用方法

上記を見てもらえればわかるかと思いますが、SEO対策ツールは本当に種類多く発売されております。色んな機能を持ったツールが多くありますが、9割以上リスクがほとんどで活用することでデメリットの方が高いツールばかりです。

 

SEO対策で定番なのが、上位表示に一番貢献してくれる被リンクが自動で増えていく機能を持ったツールになりますが、一番重要なのはそうではなくて、被リンク元となるサイト内容やコンテンツ内容になります。ツールはそこを保証してくれるものは一切ないので、上位表示対策するツールとしてお勧めできるPSW2では、重要な被リンク元のコンテンツを作成する機能を持っているんですね。

 

自動で被リンクは増えませんし、サイトが自動で増えていく事はありませんが、被リンクコンテンツを作成することは、間違ったSEO対策をしないことで、リスクを限りなく少なくして上位表示の為の大きな時間短縮と作業効率化を達成していくれるのです。