ここでは稼ぐ事が出来る本物の商材を手に入れているとして、 正しく実践するための方法をお伝えします。下記の方法を実践するだけで教材の取り組み方や 筋道が大きく変わってきますので読むだけでなく、行動に移してください。

商材を読む前の心構え

教材内容を覚えようとして読まない

商材のノウハウを実践する為に一発で覚えようとする人が、いますがこれは物凄い頭の持ち主でないと無理なのです。

 

大事な内容を覚えるには、暗記を意識せず繰り返し読むことですね。ひと通りざっと読み、大事な部分を読み返すことで、定着していきます。 私は文字を読むのがあんまり得意でない分本当に何度もその教材を読み直し 、口にだして読んでました。

 

商材を読み進める前に

教材を読み始める前に必ず全体の流れと教材の目次を読むようにしましょう。 これを読むことでこのノウハウではどういう流れで進んでいくことがわかります。

 

たしかに、最初に全体の概要を知ってしまうと、「こんなノウハウがあるんた!」 って感動はなくなってしまいますが、その感情に騙されることがなく、最初にノウハウの枠組みができているので教材の主旨にどう結び付くのか考えながら教材を読み進めることができます 。

 

商材を読み進めながら作業(アウトプット)をしよう

教材を読むだけでは記憶としての残りが小さくなります。なので必ず教材を読んだらできる範囲でいいのでノウハウ通りの作業をしてみましょう 。これを行うことで⻑期記憶として深く内容が刻まれます 。

 

商材を読み終えてから

そして教材を読み終わったら必ず反復して再読していきましょう。これを怠る人がほんとに多いんですね。それで教材通りのノウハウで進めることが出来なくても仕方がありません。

 

もししゃべることが出来る環境なら口に出してしゃべることが記憶に深く定着しやすいです。有名なので聞いたことあるかもしれませんが、エビングハウスの忘却曲線では一時間で人は半分以上の記憶を忘却してしまうので1度や2度では、覚えることが出来なくて当然なのです。

 

そして、本当に理解する為にも、口にだして読むことは脳にも、効果的な方法なので実践してみると良いですね。

 

その時は、理解したつもりでもすぐに忘れてしまうのです。忘れてしまったことは実践できるはずありません。教材を何度も読み返すことで今まで実践してきたことを再考して、その知識を実践で活用し応用するには必ず深いところまで、記憶しておかなければならないです。

 

当たり前のこといっているかと思いますが、これが一番大事です。 確かに、同じ教材を読んでいる時間があったら作業をしていた方がいいと、思う人もいるかと思いますが、教材を再読して再考することが正しいノウハウへと、起動修正をしてくれるので効率的にも確実にいいのです。

 

以上でどの教材にも言える正しく教材を実践するための為のノウハウになります。ここまで実践して稼げないなんてことはあり得ません。もしこれで稼ぐ事ができないのでしたら、それは商材が稼げるものでないのでしょう。

 

Googleも時代が変わっていって古い教材等では昔は稼げても、現在では稼ぐ事が出来なくなっているケースもあるので、最初の商材選びに失敗してしまうと、ここまで再読・再考して実践しても稼げないで、大きな時間の無駄をしてしまう事があるので要注意ですね。