SEO対策マニュアルの情報商材・教材について比較してランキングにて紹介をしていきます。SEO対策について学ぶことで、検索上にて上位表示するための必要な知識を学ぶことができます。下記にSEO対策について詳しく説明をしております。

 

  1. SEOマニュアル ファイナル

    このマニュアルはSEO業者によるマニュアルになります。なので、実際の事例が豊富にあるので、対策による再現性や事実性が高い情報が多くあります。そして、ほとんどの人が馴染みがないかと思いますが、SEOをスコア化して理論をつけて解説しています。SEOに絶対の正解はないのは確かですが、限りなく順位アップに貢献出来る正解となる答えを持っている教材内容になります。

     

> 詳細はこちら


  1. たった43ページの本物SEOマニュアル

    この教材はタイトルにある通り、かなりSEO対策について短くまとめられております。実際に学ぶことが出来る内容としては、検索エンジンの意義や背景設定から導き出す答えや方向性、またどのような文脈やキーワード出現の本質、検索順位を上げてそれを維持する法則や方法、相互リンク、被リンク等々、SEO対策の知識として学ぶ必要がある内容は全て身につけることができますね。この教材の一番の価値としては、サポート・質問が期限なくできることにあります。

> 詳細はこちら


SEO対策について

SEO対策とは、グーグルのアルゴリズムに対して対策を行い、検索上にて上位表示する対策の事を指します。SEO対策について、ネット上で調べると様々な意見があります。「このSEO対策は有効」「このSEO対策は危険」と何が正解かわからないかと思います。

 

グーグルのアルゴリズムも少しづつ変わっていますし、実際に本当の正解はないかもしれません。ですが、SEO対策でもスパム的な方法は今は通用しなくなっています。

 

昔は、「被リンクの数があれば上位表示できたり」「相互リンクを多く行なっていれば評価が上がったり」などかなり単純でしたが、今ではものすごい種類の要因から上位付けを行なっております。

 

なので、本質的な事で言いますと、「ユーザーにとって役立つ情報」を検索上に上げているのです。「じゃあ、役立つ情報を書けば上位表示するのか」と言えばそんな上手くいきません。他の圧倒的な情報コンテンツの差がなければ、競合サイトには検索上にて上位表示することはできないのが現状です。

 

実際に「自分のサイトの方が確実にいい内容なのに、どうしてこんなサイトが自分よりも上なんだ」って思う人もいるかと思います。そのような状況下の方がSEO対策をすることで確実性を持って上位表示することができるのです。

 

おすすめできない人とできる人

注意して欲しいのが

  • 薄い情報量の記事やサイト
  • キーワードにマッチしていない記事やサイト
  • 上位表示している記事と圧倒的な情報量の差、貢献度の差がある記事

のような場合、いくらテクニック的なSEO対策を施しても、上位表示することはできません。できたとしても、一時的に上に上がり時間が経つにつれて検索順位は下がってきます。

 

そのため、SEO対策の基本として、「役立つ情報かどうか」を前提にそこからテクニック的な事に依存するのです。なのでSEO対策を学ぶ際におすすめできる人としては、

  • しっかりとした情報がある記事を持っている人
  • 成約する記事・ライティング記事を持っている人
  • どうしても順位が上がらない人
  • SEO対策について深く学びたい人

になります。

 

実際に、上記に該当する場合は、学んで上位表示するための要因を1つ1つ埋めていく事で状況が変わってきます。